TSUTAYA TVでアダルト動画見放題を利用するメリット・デメリットを解説!

TSUTAYA TVの見放題ってどう?メリット・デメリットを解説しちゃうよ

アダルト動画の見放題サービスを探している人なら、「TSUTAYA TVのR18」も視野に入れているはずです。

TSUTAYAといえばレンタルDVD業界の最大手だし品揃えが豊富なんだろうなぁとか、いろいろ期待しちゃいますよね。

 

でもね、ぶっちゃけ使いにくいです!

動画の中身はそこそこいいんですけどね。

 

ということで、今回はTSUTAYA TVでアダルトを見るメリットとデメリットをまとめました。

メリット ・30日間の無料お試し期間がある
・レンタルに利用できるポイントが毎月1,100円分もらえる
・VR動画が見放題!(約270本)
・ジャンルごとに非表示設定ができる
デメリット

・サイトの構造が複雑でよく迷う
・料金プランがややこしい
・見放題動画はSD画質のみ
・Tカードを持っていないと動画見放題に申し込みできない

軽くまとめた表がこちら。

この複雑さを理解できれば強いVOD。つまり玄人向けってことですね。

ということで、上の内容を順番に深掘りしていこうと思います。

TSUTAYA TVの公式サイトはこちら

管理人ミツヲ
TSUTAYA TVは初めてのユーザーだと30日間無料です。「考えるよりもまず行動派」の人はまず入会してから考えてみるのもアリですよ。

 

\30日間無料で見れます!/

TSUTAYA TVでアダルト見放題を利用するメリット

TTVは入会から30日間0円

  • 30日間の無料お試し期間がある
  • レンタルに利用できるポイントが毎月1,100円分もらえる
  • 操作性は悪いがVR動画も見れる(約270本)
  • ジャンルごとに非表示設定ができる

まずはメリットについて解説します。

TSUTAYA TVの公式サイトはこちら

ほかの見放題サービスと被る部分もありますが、VR動画が見放題に含まれていることはTSUTAYA TV独自の魅力です。

 

【メリット1】30日間の無料お試し期間がある

TSUTAYA TVに初めて入会すると、30日間のお試し期間がもらえます。

有料会員と同じように見放題に含まれている作品がすべて見れるので、とてもお得ですね。

しかも無料期間中に解約すれば、解約金や違約金も一切かかりません。

ただしVODのあるあるですが、無料期間を1日でも過ぎると有料会員に自動切り替えとなります。

解約し忘れないようにカレンダーに書いておくなどの対策が必要です。

それ以外にはリスクは思い浮かばないので、とりあえず30日間だけ気楽に使ってみてはどうでしょうか。

 

【メリット2】レンタルに利用できるポイントが毎月1,100円分もらえる

TSUTAYA TVで月額見放題に入会すると、毎月1,100円分のポイントがもらえます。

月額に対してこのポイントは数あるVOD(動画サイト)の中でも最高クラス!

ポイントを使えば、見放題に含まれていない作品や新作がレンタルできるんです。

新作だと1本540円だから、2本分は見れる!!

もちろんアダルトだけじゃなくて、映画やドラマの新作もいけるんですよ。

 

【メリット3】操作性は悪いがVR動画も見れる(約270本)

TSUTAYA TVは、見放題の中にVR動画が含まれています。

操作性の悪さには改善の余地があるんですが・・・

【一般動画+アダルト動画+アダルトVR】がワンセットになっているのは、かなりスゴイことなんですよ!!

さらにいうと、VR見放題って意外と数が少ないので、TSUTAYA TVでVRの良さを体験してみてください。

 

ちなみにほかの見放題サービスは、

  • 一般動画のみ
  • 一般動画+アダルト動画
  • アダルト動画のみ
  • アダルトVRのみ

僕が知るかぎりでは、この4パターンしかありませんね。

月額1,000円ちょっとでアダルト動画もVRも見放題なのは、TSUTAYA TVの強みだと言えます。

 

【メリット4】ジャンルごとに非表示設定ができる

TSUTAYA TVでは、特定のジャンルだけを非表示にすることができます。

たとえば、こんなときに便利です。

  • 子どもがいるからアダルトページを見れないようにする
  • ホラーが苦手だからパッケージが視界に入らないようにする
  • 作品を探しやすくしたいから自分が好きなジャンルだけに絞る

表示と非表示は簡単に切り替えられるので、子どもが寝たあとにこっそりアダルト動画を見るのも断然アリ!

ただし、スマホとパソコンでは設定変更の手順が違うので注意してください。

アダルト非表示の方法

パソコンの場合:トップページ右上「R18」→「アダルト非表示設定」をクリックします。

スマホの場合:「マイメニュー」の「登録情報の確認」→「配信」→「ご登録内容の確認」→「アダルト表示設定」の順番です。

 

TSUTAYA TVのアダルト見放題を利用して感じたデメリット

  • 料金プランがややこしい
  • サイトの構造が複雑でよく迷う
  • 見放題動画はSD画質のみ
  • Tカードを持っていないと動画見放題に申し込みできない

つぎはデメリットについての解説です。

個人的にいうならTSUTAYA TVはの使用感はマイナス要素が強いと思っているので、ちゃんと納得してから入会するのをおすすめします。

 

【デメリット1】料金プランがややこしい

TSUTAYA TVの料金プランは、お世辞にも分かりやすいとは言えません。

宅配レンタルとセットにできたり、細かいオプションがあったりと、じつにさまざまです。

アダルト目当てで利用するなら、とりあえず下記の2つだけ覚えておくといいでしょう。

  内容 月額料金(税込)
動画見放題プラン アダルト6,000本以上
+一般動画+毎月1,100ポイント
1,026円
動画見放題フル[R18] アダルト50,000本以上 2,619円

ちなみに動画見放題フルは、30日間の無料体験がありません。

だから、最初は動画見放題プランからスタートして、物足りなくなってきたら見放題フルに切り替えてみましょう。

 

【デメリット2】サイトの構造が複雑でよく迷う

TSUTAYA TVのサイトは、複数のサービスが混在していて分かりづらい構造になっています。

  • 一般動画
  • アダルト動画
  • 動画配信レンタル
  • 宅配レンタル(TSUTAYA DISCAS)
  • 動画配信の単品販売

などがごちゃ混ぜになっている感じです。

僕も何度か迷子になってしまい、その結果、ポイントで動画をレンタルしたかったのに、間違えてポイントが使えない単品動画を自腹で買ってしまいました。涙

慣れてくれば大丈夫だと思いますが、入会したばかりの人は間違いなく迷います。断言できます。

よく使うページをブックマークしておくなどの対策が必要でしょう。

 

【デメリット3】見放題動画はSD画質のみ

TSUTAYA TVは、画質の評判があまり良くありません。

というのも月額見放題に入会して動画を見る場合は、すべてSD画質なんです。

ここ最近のVOD業界は、HD画質が当たり前になっているのに・・・

でも、スマホで視聴する人はあまり気にならないかもしれませんね。

もしテレビ画面で高画質を楽しみたいときは、HDに対応している「単品購入」または「レンタル」を利用してみましょう。

 

【デメリット4】Tカードを持っていないと動画見放題に申し込みできない

上の画像は、TSUTAYA TVの入会ページで最初に表示される案内です。

申し込みのときに、

  • Yahoo!JAPAN IDまたはT-ID
  • Tカード
  • クレジットカード

が必要なんですよね。

まぁ、ほとんどの人はTカードぐらい持っているので問題ないと思います。

しかし、最近は使う機会が減りましたし捨ててしまった人もいるかもしれません・・・。

オンラインTカードを発行すれば問題ないとはいえ、一手間増えるのはデメリットでしょう。

それとクレジットカード以外の決済に対応していない点も不便です。

※以前はスマホのキャリア決済が利用できましたが、現在は一時休止中です。復活するまではクレジットカードしか使えません。

 

まとめ

メリット ・30日間の無料お試し期間がある
・レンタルに利用できるポイントが毎月1,100円分もらえる
・操作性は悪いがVR動画も見れる(約270本)
・ジャンルごとに非表示設定ができる
デメリット ・料金プランがややこしい
・サイトの構造が複雑でよく迷う
・見放題動画はSD画質のみ
・Tカードを持っていないと動画見放題に申し込みできない

TSUTAYA TVには独自のコンテンツがあって魅力的ですが、デメリットの側面が強い印象です。

中でもサイトの使いづらさや料金プランの分かりづらさは、ストレスを感じる大きな要因になるかもしれません。

その点を考慮した上で入会を検討した方がいいと思います。

もっとシンプルで分かりやすい動画配信サービスはたくさんあるので、いろいろ試してみるのがいいですね。

TSUTAYA TVの公式サイトはこちら

 

\30日間無料で見れます!/